資格の維持

ファイナンシャルプランナー資格取得後、日本FP協議会に会員登録したAFPとCFPは、
2年ごとに登録更新をしなければなりません。
その際、AFPには15単位、CFPには30単位の
継続教育研修が義務付けられています。
それは、めまぐるしく変化する金融環境でのファイナンシャルプランナー業務で、
古い知識やスキルは役に立たないからです。顧客にも良い提案はできません。
日本FP協会が定める学習ガイド7課目のうち、2課目以上の習得が必要です。
ただし、規程単位以上履修しても、次の教育期間に持ち越しはできません。
しかし、知識向上のために学習することは、必ずファイナンシャルプランナー業務に
役に立つでしょう。
つねに、新しく深い知識が要求されます。
そのための、日々の経済、金融に関する記事やニュースは
こまめにチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク