企業内ファイナンシャルプランナー

企業内ファイナンシャルプランナー
企業内ファイナンシャルプランナーの多くは、銀行、証券会社、生命保険・損害保険会社といった、
金融機関に勤務している会社員です。
金融機関では、顧客に合った商品を勧める「提案型セールス」を行うために、
ファイナンシャルプランナー業務を行っています。
しかしそれは、ただ単に商品だけを勧めるのではなく、
もちろん顧客の現状を考え、話を聞き、商品の組み合わせもしながら、提案していきます。
現在は、預貯金以外の金融商品も身近になりました。
新聞、雑誌の記事評価を読んで、少しでも条件の良い所に
シフトしていく顧客も増えています。
そのため証券会社や保険会社も、これまでのようにマニュアル通りにセールスをするだけでは、
商品が売れない時代になりました。
マニュアルだけで顧客の本当の希望をかなえるのは、
中々難しいことですね。
これからは、顧客の立場に立って疑問解決できる営業が求められます。
金融業会では、これらを総合的に捕らえて設計していくことができる、
企業内ファイナンシャルプランナーの手法が注目されています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク