ファイナンシャルプランナーのニーズその1

ファイナンシャルプランナーの資格を目指す人が、年々急増している理由は、
生かす道があり、生活に役立つ知識であると思われているからです。
要するに、ファイナンシャルプランナーの専門的なアドバイスを必要とする、
企業や人が増えてきているということですね。
特に、金融制度の改革と、高齢化社会の到来により、長い人生の中で、
個人個人の生活設計が重要なテーマになってきているのです。
「自己責任原則」という言葉を知っていますか?
お金の投資先、預け先は自分で決める。
その結果については、自分が責任を負う、
という考え方です。
しかし、個人が入手できる知識や情報には、やはり限度があります。
そこで、個人の知識や情報不足を補い、意思決定の手助けをする専門家として、
ファイナンシャルプランナーに、社会からのニーズが高まっているのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク