ファイナンシャルプランナー日本に登場

日本に登場
日本でファイナンシャルプランナーという言葉がきかれるようになったのは、
1980年代の後半です。
多くの金融商品が発売されて、商品の選択肢が大きく広がりました。
顧客が金融商品を選べるようになり、一般の人々の間から、
効果的にお金を増やすにはどうしたらよいのか、教えてほしいという要望が
多くなってきました。
また、住んでいる土地の地価が上昇して、税金の問題を抱えるようになった人もいます。
このように、個人資産をトータルで設計しなければならない時代が到来し、
金融機関では、ファイナンシャルプランナーの手法を取り入れるようになったのです。
税理士や会計事務所でも顧客の節税に合わせ、
資産運用のアドバイスをするところも出てきました。
1987年にはファイナンシャルプランナーの普及と養成を目的に、
「日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」が設立されました。
こうして1980年代の終わりごろには、ファイナンシャルプランナーが
世間に知られるようになったのです。
しかし、その頃は好景気で「財テクブーム」だったため、
「ファイナンシャルプランナー=財テクアドバイザー」という偏見がありました。
本当にファイナンシャルプランナーの仕事が正しく理解されてきたのは、
1990年代後半に、不況が深刻化になってきたころです。
生命保険の見直し、住宅ローン、貯蓄の目減りなどが、重く家計にのしかかってきたのです。
でも、これらの問題は、一般人には対処が難しく、その結果ファイナンシャルプランナーが
注目されるようになったのです。
こうしてやっと、ファイナンシャルプランナーの知識に関する必要性が、
認識されるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク