第二次ファイナンシャルプランナーブーム

02-3 第二次ファイナンシャルプランナーブーム
第一次ファイナンシャルプランナーブームのあと、バブルが崩壊しました。
消費者の間に、一生涯を通したライフプランを考えることが大切だ、という考えが、
芽生えてきました。
そんな中、2001年までに、金融業界の競争を制限する規制を、段階的に廃止し、
市場を活性化させようという「金融ビッグバン」が打ち出されました。
さらに、金融機関の統合が始まり、破錠に備え、
「ビッグバンに乗り遅れるな」という考えが個人消費者の間に広がりました。
そしてその道の専門家として、ファイナンシャルプランナーが
注目されるようになりました。
雑誌やテレビで引っ張りだこになり、人気が再燃しました。
これが、第二次ファイナンシャルプランナーブームです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク