ファイナンシャルプランナーの資格価値

ファイナンシャルプランナーの資格価値は、近年段々と、社会的な認知度が定着、向上してきました。
多くの金融機関では、社員の研修項目やキャリアアップの条件としています。
また、税理士や社会保険労務士などの有資格者は、
専門分野の知識にファイナンシャルプランナーの知識をプラスして、活躍しています。
同時に、中立公正な立場で、顧客のライフプランを設計する、
独立系ファイナンシャルプランナーの受容も増加傾向にあります。
さらに、個人のライフプランを総合的にプロデュースする「総合資格」としても、
多方面でその価値を認められています。
こうした社会背景も受けて、ファイナンシャルプランナーに対するニーズ、資格価値は、
今後も一層高まっていくでしょう。
このようなことから、将来性は非常に明るいといえます。
ファイナンシャルプランナーとして活躍できる場も、
どんどん広がっていくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク