ファイナンシャルプランナーの日本の歴史

日本でのファイナンシャルプランナーは、商店経営者や自由業者、サラリーマンなど、
一般の不特定多数の個人資産運用のために、生まれた職業です。
一部の、裕福で多額の財産を保持している人たちのためだけではありません。
個人の資産増大、金融の自由化、高齢化社会、これらを背景に、
ファイナンシャルプランナーの必要性は年々高まっています。
一見、資産家のためのファイナンシャルプランナーと思いがちですが、
最近は、個人資産運用のために活用する人も、増えてきました。
少ない資産だからこそ、無駄なく有効に使いたいものですね。
ちなみに、日本で最初にファイナンシャルプランナーを導入したのは
野村投資信託販売(1976年当時。現在は三菱証券)の、
社内ファイナンシャルプランナー制度です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク