ローン設計

ローンプラン設計をする際に、最も重要となるのは、家計の収支を総合的に捉えることです。
借り入れ前に、返済能力を考えて、無理のない返済計画を立てることは重要なことです。
また、借り入れ後の繰上げ返済や、低利ローンへの借り換えで、
効率よく返済するプランの検討をします。
ローンによって節税できる所得税、相続税なども考慮します。
たとえば、金融資産で3%の利回りがあっても、借り入れ利息が5%では、
総合的に見ても2%のマイナスが発生してしまいます。
このようなことが起きてくる場合は、ローン返済に充てたほうが、
有利になる場合があるということも知っておかなければいけません。
この辺の見極めが、顧客にとっては難しいことなんですね。
ファイナンシャルプランナーがプロとして、しっかりアドバイスできるように、
常日頃から、金融情勢をしっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク