年金設計

老後の資金を設計する際、年金設計が組み込まれます。
老後の資金としては、国民年金、厚生年金、共済年金といった公的年金のほか、
退職金、所有不動産などを、資金源として、プランニングしていきます。
今の時代、公的年金だけで、老後の生活をまかなうのが、非常に難しくなってきています。
ファイナンシャルプランナーは、そのための対策として、民間商品の保険などを
年金に切り替えられる商品についても、研究する必要があります。
公的年金の見積もりは、加入期間、転職の有無、制度改正など、
様々な影響により、複雑になっています。
その場合、社会保険労務士との協力で、年金設計をすることがあります。
年金は、老後、これから生活していくための大切な資産です。
少しでも無駄の無いような年金設計は、人生を大きく左右する
重要事項だといえますね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク