ファイナンシャルプランナーとして生き残っていくためには

経済の低迷、終身雇用制の崩壊、リストラ、老後は年金に生活保障を託せない、
など、先行き不安な社会環境の時代で、いかに適切な資産形成をするかに注目が集まっています。
その専門家であるファイナンシャルプランナーへの認知度、関心、期待、ニーズも
年々高まってきています。
そうなるとファイナンシャルプランナー人口が増加し、競争が激化します。
そこで、ファイナンシャルプランナーとして現状に甘えず、
常にステップアップしていく努力をし続けなければいけません。
怠慢な業務態度では、激化競争に負け、業務をすること事態、
難しくなってしまうかもしれません。
今後、顧客ニーズにしっかりと応えられるファイナンシャルプランナーとして
生き残っていくためには、顧客の信用を得ることはもちろん、
自分の得意分野をしっかり持って、能力を高めていく努力が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク