子どもの肥満はなぜいけないのか?

 恵まれた食生活に、テレビゲーム、塾、、、子どもは風の子といった時代を再びみることはもう
ないのでしょうか?
 運動不足と高カロリーな食生活は年々肥満の子どもを増やしています。
子どもの肥満について問題視されていますが、どうして子どもの肥満はいけないのでしょうか?
 最も大きな理由として考えられるのが「生活習慣病」の温床をつくっていることです。
糖尿病、高血圧、高脂血症などの病気のもとを子どものころからつくってしまっているのです。
 実際、すでにこれらの病気を発症してしまっている子どももいます。
成人病という名前が生活習慣病に変えられたのもこういったことからです。
 また、肥満による精神的な影響もありますし、肥満になると運動を嫌い、さらなる肥満を
もたらします。よって運動能力の発達に支障があったり、体への負担が大きくなったりします。
 子どもの頃に肥満になってしまうと、大人になっても肥満になりやすいことも理由のひとつです。
一度肥満になる生活を体験し、肥満になってしまうと、大人になったときに再び繰り返しやすく
なるのです。
 肥満になって苦しむのは子どもです。かわいい子だからこそ、食生活管理をしたり運動を促したり
してあげるべきではないのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク