肥満児の環境 食べすぎ

 食べすぎが肥満をもたらすことは当然のことです。しかし子どもの肥満に限っては、
食べすぎは子どもの管理能力の欠如というよりは、親の管理に問題があるといえます。
 肥満児が育てられた環境の中でもよくあるのが「食べすぎ」です。
食べすぎを招いた理由としては、子どもの健康のため、愛情表現、家族みんなが多食など
様々ですが、これらを子ども力のみで解決するのは難しいでしょう。
 また、食べすぎや肥満の危険に気づきながら、食べ盛りの子どもに対して食べることをやめさせ
られないなど優しさゆえの食べすぎもあります。
 肥満になって苦しむのはわが子です。そしてわが子の食生活を管理しているのは親であります。
肥満させないということも親の責任といえるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク