肥満児の合併症

 肥満は様々な合併症をもたらすといわれていますが、子どもの肥満においても例外ではありません。
大人の肥満と同じように置くの合併症をもたらすので、重い肥満の場合は特に注意が必要です。
 合併症の中でも有名なのが高血圧です。これは肥満により血液を送るのに大きな力が必要である
ことが原因として考えられます。
 
 また、子どもにおいても脂肪肝がみられます。脂肪が肝へついてしまっているのです。
これは体重を減少させることによってほとんどが改善するといわれています。
 肥満によって皮膚が急激に伸ばされることによっておこる皮膚裂線も合併症のひとつです。
皮膚と皮膚の摩擦によっておこる腫れなども肥満が原因です。
 大人の肥満に比べると内臓的な合併症は少ないものの、それでも油断してはならないような
問題も起こります。特に成長期における皮膚の疾患は痛みやかゆみを帯びるだけでなく、
容姿を気にする年齢の子どもたちにはとても大きな心の傷となる場合があります。
 仮に今すぐに合併症が起こらなくても大人になってから発症する危険性がかなり高いといえます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク