アルコールと肥満

 「飲みすぎるとビール腹になるよ。」なんてよく言いますよね?
ではビール腹とはいったいどんなお腹なのでしょうか?
 アルコールを日常的に飲む人は、そうでない人に比べ男性で約110kcal、
約女性で60kcal 1日あたりの摂取カロリーが多いといわれているからです。
 またアルコールによる肥満の問題点はその肥満が内臓脂肪型肥満であるということです。
内臓脂肪型肥満は生活習慣病に直結する恐ろしい肥満です。
 しかし酒は百薬の長とも呼ばれ、適量のお酒は心地よい睡眠をもたらしたりと精神的にもよい
ものであります。ではその適量とはどのくらいでしょうか?
 1日の適度な量とは純アルコールにして20gと言われています。飲んだお酒の量(重さ)に
そのお酒のアルコール度数をかければだいたいの純アルコールの量が出ますが、いちいちそれでは
ちょっと面倒ですよね?
 目安としては、ビールであれば中びん1本といったところでしょう。
薬といえども摂りすぎは体に毒です。適量のお酒で肥満を予防しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク