ペットの肥満

 今やペットは家族の一員。かわいい洋服に身を包み、美容院で整えてもらう。そういった飼い犬も
最近では増えてきているようです。
 ペットをかわいがるのは当たり前のことです。ペット用の食べ物なども豊富にあり、
好みに合わせて選ぶことができます。
 それゆえ、今はペットの肥満も問題になっているようです。あまりにもかわいがりすぎて
食べ物を与えすぎたり、室内のみで飼うなどして運動量が減っていることが原因であると
考えられます。
 例えば犬の体脂肪率の適正値は20~25%程度と言われています。
人間とそれほど変わりませんね。しかし病気により動物病院を訪れる犬の3割程度しかこの適正な
体脂肪率を維持できていないといわれているのです。
 ペットの肥満も人間と同様、糖尿病や心疾患などの危険性が高まります。
また体重が多いことにより関節への負荷が大きくなり変形を招いたり、皮膚病も多くなるそうです。
 本当に愛犬のことを思うなら、健康のことまで気をつけてあげるべきでしょう。
自分の管理が出来ない人に犬の管理はできません。
まずは自分が肥満予防、そして愛犬にも肥満予防です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク