肥満だけが責められる時代じゃない!?

 肥満は生活習慣病の原因とされ、世界中で問題となっています。
ところが今問題になっているのは肥満だけではありません。
「ヤセすぎ」も同じように問題になっているのです。
 ヤセすぎモデルがファッションショーへの参加を禁止された話はつい最近のことです。
モデルは若い女性への影響力が強く、そのからだへの憧れも強くなります。
 ヤセすぎモデルの急増は拒食症や過食症などの摂食障害をもつ女性を増やしました。
特に10代という成長期の女性におけるムリな減量は発育にも大きな影響を及ぼします。
 ブラジル人喪出るがヤセすぎによって死亡したのを受け、いっそう議論がわきました。
よってBMIが18未満のモデルをファッションショーに出すことを禁止するなどの
措置が取られたりしています。
 ヤセすぎは肥満と同じように、病気のリスクを増やします。
肥満でもない、ヤセすぎでもない、標準体重が健康に長生きする秘訣なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク