日本肥満学会の歴史

 日本肥満学会の歴史はすでに30年近くを誇っています。
はじまりは1980年文部科学省の総合研究班会議の中のから肥満を専門に研究、発表するための
ものとして肥満研究会が発足されました。
 その後1984年、国際肥満学会議の日本での開催を打診され、日本肥満学会へと発展しました。
6年後の1990年国際肥満学会を成功させるに至ったのです。
 30年近い歴史をもつものの、日本肥満学会としての活動のみに焦点をあてると、まだ新しい
学会であるといえるでどしょう。
 今では2000名近い会員をもつものになっています。
肥満が社会問題になっている今、日本肥満学会の果たす役割はこれからさらに大きくなっていくと
考えられるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク