外食

 今や外食産業はとても大きなビジネスでとどまるところを知りません。
一歩外へ足を踏み出せば、ファミリーレストランに、ファーストフード、うどん、ラーメン、和食、
洋食、中華、エスニック、・・・1ヶ月丸まる外食しても飽きることがないほどに飲食店で
あふれています。
 しかし外食ばかりは肥満を呼びます。それはいったいなぜでしょうか?
 外食で食べるものを考えてみると、ご飯やパンをはじめとした穀類、フライなどの油(脂)物、
甘い糖類が多くなります。
 これらはまとめて炭水化物といわれます。炭水化物、肥満の原因として最近ではかなり定着して
きたものです。
炭水化物は生きるためには欠かせないものです。しかし摂りすぎると肥満の原因となります。
 炭水化物は動くためのエネルギーの中心となるため、あまったものは体にどんどんためてしまう
からです。
 あなたの食生活、外食に頼りっきりになっていませんか?
たまるのは脂肪ばかりで財布だけがやせていきますよ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク