果糖

 今の時代、ノドが乾けばコンビニもしくは自動販売機で手軽に飲み物を買うことができます。
ペットボトルなんて持ち運びに便利ですし、飲みかけでカバンに入れられるから一度にたくさん
飲めないときも助かります。
 あなたがいつも買うジュースを思い浮かべてみましょう。そしてもしそれが手元にあるならば
原材料名が記されているところを見てみましょう。
 「果糖」とか「ブドウ糖液糖」とか書かれていませんか?
これらは「異性化液糖」といって日本で生み出された人口の甘味料のことです。
 果糖はブドウ糖と同じカロリーでも甘さは1.5倍もあり、少ない量で甘みを出すことができます。
しかしこの果糖をたくさん摂ると、「高脂肪食」と続けているのと同じ状態になってしまうのです。
 肝臓において果糖はどんどん分解されます。そして不必要な分は中性脂肪やコレステロールの
合成にまわされてしまうのです。結果、肥満をもたらすというわけです。
 とは言っても果物などから摂る果糖に恐れを抱く必要はありません。異性化液糖として、ジュース
などから大量に摂る果糖が肥満の原因物質のひとつになります。
 ノドが乾いたからといってすぐにジュースに手をつけることは、肥満への一歩かもしれません。
清涼飲料水の摂取はほどほどにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク