脂肪細胞の増加

 肥満の原因の多くは、脂肪細胞の肥大化によるものです。脂肪細胞ひとつひとつが大きくなって
結果肥満を生んでいるというわけです。
 しかしなんと脂肪細胞そのものの数が増えて肥満になることもあるのです。
これは乳幼児期の肥満でみられます。
 人間の脂肪細胞は生まれてから1年の間に増加していきます。その後は増加というよりも細胞の
成長という形になり、数そのものはそれほど増えません。
 よってこの細胞が増える時期に肥満になっていまうと、脂肪細胞が増えてしまうというわけです。
一度増えた細胞がなくなってしまうことはありません。
 子どものころに肥満になるということは、肥満体質をつくるということにほかならないのです。
大人になってからの肥満は脂肪細胞の増加ではなくて、脂肪細胞の肥大化であるといえます。
 こちらはダイエットによって通常のサイズに戻るので、根本的に治すことも可能です。
乳幼児期の肥満は細胞の数まで変えてしまうのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク