ストレス

 レプチンというホルモンは、食欲を抑制してエネルギー消費を増加させようとする、肥満の予防
には欠かせないホルモンです。
肥満の人はこのレプチンの働きが何らかの原因で阻害されていると考えられています。
 レプチンは脳の視床下部で様々なところに刺激を伝えます。その刺激が伝わるところのひとつに
CRHという食欲を抑制する視床下部ホルモンがあります。
 このCRHはストレスにも関連するホルモンでもあり、ストレスによって様々な反応を示します。
その反応に食欲の増進と抑制があります。
 つまり、ストレスによって分泌されたホルモンが食欲の増進に働くと肥満に陥ることがあると
いうことになります。
 ストレスによる過食は本当にあるのです。肥満の予防のためにもストレスはうまく発散していか
なければならないといえますね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク