夕食

 朝食を抜くことは昼食や夕食のドカ食いをもたらし、肥満の原因になります。
しかし、夕食の食べ方にも注意しておかないと肥満の原因となるのです。
 朝目覚めてから、昼間は活動するために交感神経が活発になっています。
交感神経が活発になると、胃の働きもよくなり、食べ物が積極的に消化、吸収されます。
 そして夜にかけて1日の疲れをとるため、睡眠の準備段階として副交感神経の働きが活発になって
きます。すると、腸の働きもよくなり、栄養の消化、吸収が行なわれます。
 昼間は活動が多いということもあり、胃のほうでの消化、吸収はエネルギーとして使われて
しまいます。しかし夜は食後あまり動かないため、腸のほうでの消化、吸収は塩分として
たまりやすくなってしまいます。
 食事量のバランスとしては朝と昼に重点をおいて栄養を摂取するほうが、活動エネルギーの面でも
肥満を予防するという面でも効果的です。
しかし習慣的にも朝のあわただしさを考えてもそう簡単にはできそうにありません。
 まずは夕食にエネルギーをとりすぎることを控えることからはじめてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク