肥満は遺伝のせいか

 肥満の原因のひとつに遺伝があります。実際日本人が肥満によってかかえるリスクは欧米の人
より高いとされています。これは遺伝のためです。
 確かに、両親もしくはそのどちらか一方でも肥満であるとその子どもも肥満であることはよく
みられます。やはり肥満は遺伝のせいなのでしょうか?
 一卵性双生児が同じ環境で育った場合、肥満になる確率の一致度は70%近くにものぼります。
そして環境が違った場合でも50%という説があります。
 その一方、環境が違うと一致度が30%程度にまで下がるという結果もあるのです。
どちらにしろ、環境が違うと肥満の一致率も下がっているのです。
 ということは、肥満は環境のせいでもあるといえそうです。
つまり、肥満の親に肥満になる環境で育てられた、肥満の環境が遺伝したともいえるのです。
 これはあくまでも一説であり、遺伝による肥満の可能性も否定できませんし、むしろその可能性の
ほうが大きいといえます。
 しかし肥満を遺伝のひとことで片付けてしまうのは少々いきすぎです。
親が肥満だからと諦めるのではなく、自分の生活を改善すればいくらでも道は開けるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク