脂肪細胞

肥満の原因となる細胞は脂肪細胞です。この脂肪細胞の数が増えるか脂肪細胞ひとつひとつが
大きくなることによって肥満は起こるのです。
 脂肪細胞は大きくわけて2種類あります。白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞です。
同じ脂肪細胞とはいえ、白色脂肪細胞のほうはエネルギーを体内に溜め込む働きをし、
褐色脂肪細胞のほうはエネルギーを消費する働きをするというまったく正反対の働きをします。
 このようなことから肥満の原因は脂肪細胞の中でも白色脂肪細胞にあるといえ、これを増やさない
もしくは大きくしないようにすることが肥満を予防することになるのです。
 細胞レベルの話ともなると、なかなかピンときませんが、細胞の働きを理解してより効果的な
肥満の解消と予防に努めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク