脂肪細胞が伸びやすくなる?

 肥満は脂肪細胞数の増加、もしくは脂肪細胞の肥大化によって起こります。
脂肪細胞の数はほとんど減らすことはできませんが、脂肪細胞を小さくすることはできます。
 しかしダイエットに成功して脂肪細胞を小さくすることができても、リバウンドするとまた大きく
なってしまいます。しかも一度伸びた細胞は、より大きくなりやすいという説もあります。
よってまた太る際にはより早く、より重くなってしまう可能性が高いのです。
 また、肥満によって伸ばされた皮膚はダイエット後もなかなかなくなりません。
重度の肥満の場合は手術で切りとならければならないほど垂れ下がることもあります。
そしてふたたび脂肪がつくことを容易にしてしまうのです。
 このように、ダブルの伸びる効果でリバウンドを助長します。
これを乗り越えなければ本当の意味で肥満を解消するのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク