肥満の分類

 肥満には、一般的に肥満といわれる運動不足や食べすぎからくる単純性肥満と、病気の兆候と
して現れる症候性肥満、肥満によって病的な状態を示す病的肥満の3種類があります。
 症候性肥満の場合は、内意分泌系の以上などがあり、運動や食べ物の調整でよくなるわけでは
ありません。むしろヘタにそれらを実践するとかえって症状が悪化することも考えられます。
よって、これらの肥満を分類することはきわめて重要といえるでしょう。
 しかし、現代において肥満はそのほとんどが生活習慣が原因の単純性肥満になります。
これは正しい方法のもとに自分の努力で減量に取り組まなければなりません。
 ひとことに肥満といっても原因によって治療法は異なるものです。
じっくりと判定してもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク