薬物療法 ビグアナイド系薬物

 ビグアナイド系薬物・・・聞きなれないなんとも変わった名前の薬物ですが、これも肥満解消の
治療薬として知られているものです。
 ビグアナイド系の薬物は血糖値を下げる薬ですが、同時に体重も減少させるものといわれています。
これはビグアナイド系薬物には水分を減少させる作用やブドウ糖の吸収を抑える作用があるからと
いわれています。
 ブドウ糖の吸収を抑える作用はよいとしても、水分を減少させる作用は必ずしもよいとはいえない
でしょう。また、糖尿病を発症している場合、血糖値を下げる薬の投与には慎重を期すので、
必ずしも行なってもらえるとは限りません。
 薬物療法には副作用や限界があるものです。薬物投与は最終手段であり、一般には行なわれない
ものです。その点をよくわいまえて肥満と向き合っていかなければならないのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク