炭水化物と脂肪の恐怖のコンビ

 ご飯に肉じゃが・・・う~ん考えるだけでもよだれが出そうなこれぞ日本の食卓ですね。
すき焼きしろ、しょうが焼きにしろ、肉料理には白いご飯がピッタリです。
 実はこれ、肥満を導く恐怖の組み合わせなのです。
ラットによる実験で証明されたことなので、変えがたい真実です。
 確かに、炭水化物は太りやすいということはよく耳にします。それが脂肪とのコンビネーションで
よりパワーアップするというのだからこれか困りものです。
 その秘密は分解された脂肪を貯えるために働く酵素、リパーゼの活性化が原因なのです。
砂糖をふくめた炭水化物を摂取するとインシュリンの分泌が高まり、リパーゼの働きが活発になる
のです。
 すると、血中の脂肪を体に貯えようと一生懸命働いてくれます。そして肥満の一因となっていく
わけです。
 とは言っても炭水化物と脂肪を同時に摂ることをやめるのは普通の食生活ではまず不可能でしょう。
よって、夕食では避けるとか、炭水化物の量を減らすとか、特に脂肪の高い食べ物の時は炭水化物を
あまり摂らないようにするなどの工夫が必要です。
 白いご飯に肉じゃがは絶品なのに・・・ですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク