肥満と貧血

 やせすぎは貧血のもととはよく聞くことです。
特に女性は貧血になりやすく、貧血による悩みを抱える人も少なくありません。
 しかし、肥満も貧血の一因をなるのです。肥満の人は肥満でない人に比べてより多くの酸素が
必要です。ということは、その酸素を運ぶ血液もたくさん必要です。
するとその中身の鉄分も余計に摂取せねばならないということになります。
 ただし、肥満と貧血の関係はそのほかの病気のリスクとはすこし違った結果をもたらします。
たいていの病気のリスクは肥満度が上がるほど高くなっていきます。
しかし貧血に限っては肥満度が高くなるとすこしリスクが減る傾向にあります。
 例えば過体重の人の貧血のリスクは26%くらいですが、肥満度Ⅳの人は22%程度になります。
それほど大差はみられないものの、若干の減少が伺えます。
 それにしても肥満の人の4人に1人が貧血とは・・・体が大きな分、鉄分もちゃんと摂取
しなければなりませんね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク