バルーン留置術による効果

 バルーン留置術は胃の中にバルーンを置いて、自然的に食事の量を減らし、肥満を改善する
治療法です。では、実際バルーン留置術でどのくらいの効果を期待できるのでしょうか?
 実際の症例では、半年間で20㎏もの減量に成功したというものもあります。これは元の体重にも
よりますが、目安として、標準体重を越えた余分な体重の25~40%程度の減量効果を期待できる
と思ってよいでしょう。
 例えば標準体重70㎏であるべき人が120㎏あって、50㎏オーバーだったとします。
25~40%の減量効果があるということで、
 50(㎏)×25(%)=12.5(㎏)  ~  50(㎏)×40(%)=20(㎏)
ということになります。
7.5㎏もの差がありますが、それでも半年間で12.5㎏ならかなりの治療効果ですよね。
 肥満は恐ろしい病気を招くものです。標準体重をはるかに越えるようなら、一度医療機関へ
行って相談したり、診断を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク