バルーン留置術を行なってもらえる人は?

 バルーン留置術はお腹に穴を開けることもなく、比較的安全に肥満改善効果を期待できる治療法
です。費用は全額自費であるため、経済的には負担になりますが、それでも肥満を改善できるなら
魅力的ではあります。
 バルーン留置術は、費用さえ払えれば、誰にでも行なってもらえるものなのでしょうか?
 それはおそらくほとんどの病院で「No!」です。なぜなら、バルーン留置術はあくまでも
治療のために行なうのであって、ただやせたいというような美容目的でなされるものではありません。
 具体的に言いますと、BMIが35を越えるような人、また肥満によってもたらされた糖尿病や
高血圧などを治療すべき人、食事制限など内科的治療法を行なったものの、効果が得られなかった人
などを対象としています。
 比較的安全な治療法と言いましても、やはり術後数日間は胃に違和感を覚えたり、吐き気なども
もたらします。さらに合併症の危険もゼロではありません。
 バルーン留置術は、肥満による健康障害を治療するためのものと考えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク