肥満外来を受診すべき人とは?

 肥満外来は肥満を解消するために真剣に取り組もうとしている人のための外来であり、ただやせて
きれいになりたいと考えている人が行くところではありません。
 しかし、肥満であることをあまり気にしすぎないのも体にとってよくありません。
手遅れになる場合もあるからです。よって次に説明するような人は肥満外来を受診すべきでしょう。
 まずは、お腹のまわりが急に増えてきた人です。これは内臓脂肪型肥満の予備軍としてあげられる
人たちですが、男性で85cm以上、女性で90cm以上なら注意が必要です。
 またその測ったウエストのサイズを自分の身長で割ってみてください。この値が0.5以上でも
内蔵脂肪型肥満の可能性があります。
 人間ドックなどの検診でコレステロール、中性脂肪、血糖値、尿酸、血圧が高い人も肥満外来で
さらに詳しい検査をする必要があります。
 お腹が出ているのに皮下脂肪をそれほどつかめないのも内臓脂肪型肥満の兆候ありです。
BMIが25以上が肥満の目印であることも忘れないようにしましょう。
 これら思い当たるふしがある人は一度精密な検査をしたほうがよいかもしれません。
肥満は時間をかけて解消していかなければならないものです。
早く始めるのにこしたことはありません。
 一度思い切って受診してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク