肥満外来が少ないわけ

 肥満で悩む人、悩んでまでいなくても肥満を解消したいなと思っている人はかなりの数いること
でしょう。しかし、あなたの周りの身近な医療機関に「肥満外来」はありますか?
 おそらくほとんどの人が知らない、ないと答えるでしょう。実際、都市部や大きな病院がメインで
それほど身近にある外来ではありません。
 ではなぜこれほどまでに需要のある分野で専門の肥満外来がないのでしょうか?
答えを言ってしまえば、肥満の治療では儲からないからです。
 肥満の治療は長い時間をかけながらやっていくものです。しかも特に病気などがなければ薬は
使いません。つまり、保健医療外の治療にあるわけです。
 長い時間をかけなければならない上に治療費もそれほどとれない、よって自然とこの分野に
取り組む病院が減ってしまうというわけなのです。
 お医者さんも冷たいなと思うかもしれませんが、今の保健医療制度ではかなり厳しいところなのだ
そうです。将来、肥満に効く薬が開発され、それを処方できるようになれば保険の効くところとなり
肥満外来も増えてくるかもしれません。
 肥満はお医者さんもお困りなところのようです。肥満外来を受診しなければならなくならないよう
自分でなんとかしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク