体重による肥満の診断

 肥満かどうかを判断するひとつの目安として体重を用いた判断方法があります。
ただ何㎏以上が肥満とかいうのではなく、この身長の場合いくらで、係数があってといったものです。
次の式に自分の身長(cm)と体重(㎏)を入れてみましょう!
           体重÷身長÷身長=A
 一般的にこのAの値が18.0以上25.0未満なら標準とされています。
未満なので25は入りません。
 例えば身長170cmで体重63㎏なら、Aの値は約21.8となり標準です。
日本肥満学会による基準をわかりやすくまとめると、
 17.9以下~      やせ
 18.0以上25.0未満 標準
 25.0以上30.0未満 肥満度Ⅰ
 30.0以上35.0未満 肥満度Ⅱ
 30.5以上40.0未満 肥満度Ⅲ
 40.0以上~      肥満度Ⅳ
となります。ちなみに最も理想とされる標準体重は、
          身長×身長×22で求められます。
以上のような体重をもとに肥満かどうかを判断するこの方法をBMI(ボディ・マス・インデックス)
による判定と言われています。
 この方法は誰でも簡単に肥満かどうかを判定できるという利点がありますが、
成人にしか適応されないことと、標準的な体型の人でしか正しい判定ができないということです。
 つまり、体重のみに焦点を当てているため、筋肉質な人や骨太の人など特徴をもつ人に用いた場合、
脂肪量からいうと肥満でなくても肥満と判定されてしまうということです。
 ただ一般的なちょっとした目安としては使えるので、まずは自分で判定してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク