体脂肪率による肥満の診断

 肥満の診断には体脂肪率の測定が用いられることがあります。
体脂肪率というのは全体重に占める脂肪のことです。つまり、骨や筋肉などを抜いた脂肪だけの量を
測定することになります。
 成人男性では15~19%が、成人女性では20~25%が適正な体脂肪率といわれています。
これを越えてしまうと、肥満とされてしまうわけです。
 体脂肪率による肥満の診断のよいところは、ただ体重が重いかどうかで肥満を判断するのではなく、
脂肪の量そのもので判断するので、筋肉質の人であろうと、骨太の人であろうと、体の本質を
知ることができるということです。
 よって、見た目や体重は適正であっても脂肪量が多く肥満となるような場合でも発見することが
できます。体脂肪率の測定だと隠れ肥満も隠れていられないわけです。
 ただ問題点としては正確な体脂肪率の測定は難しく、食後か運動後かなどの条件によってかなり
変化します。最近では家庭でも図れる体脂肪計がたくさん出回るようになりましたが、
機器によって値もかなり違いますし、子どもは測定することができません。
 家庭の体脂肪計でちょっと肥満かな?と思ったら医療機関で検査して正しい判定をしてもらうこと
をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク