リンゴ型肥満

 リンゴ型肥満とはおもにお腹に脂肪がつくタイプの肥満をいいます。それらは内臓脂肪であり、
お腹の中の内臓の周りについた脂肪であります。
 リンゴの中心部が丸みを帯びるところから連想されるように、お腹がポッコリとでてきます。
特に男性に多く見られ、「中年太り」とはこのことを指します。
 上半身に脂肪が集中することから上半身型肥満とも言われますが、内臓脂肪型肥満の可能性が
大きく、生活習慣病のリスクが高いといわれています。
 内臓脂肪の特徴として早く燃えるので、皮下脂肪に比べると落としやすくなります。
女性の場合は閉経後、更年期以降にリンゴ型肥満になる可能性が高まります。
 リンゴ型肥満の目安として、ウエスト(W)/ヒップ(H)比が
男性なら0.9以上、女性なら0.85以上とされています。
 気になる型は早速メジャーで測ってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク