皮下脂肪型肥満

 肥満には大きくわけて2種類あるわけですが、そのひとつが「皮下脂肪型肥満」です。
内蔵脂肪型肥満が男性に多いのに対し、女性の肥満の多くは皮下脂肪型肥満と言われています。
これはホルモンの関係から女性は内臓脂肪型肥満にはなりにくいことが原因です。
 皮下脂肪はゆっくりと貯まっていくものですが、生活習慣病にすぐには直結しません。
また、内蔵脂肪に比べて自分の目で見てわかりやすいので自分は肥満であるという認識を
もちやすく、意識的に気をつけることができます。
 そうはいってもやはり肥満の一種。油断は禁物です。皮下脂肪は血流がよくないため一度貯まって
しまうとなかなか減りません。
 さらに下半身にたまると洋ナシ型肥満と呼ばれ、「おばさん体型」へまっしぐらです。
また膝や腰をはじめとした関節に大きな負担がかかります。
 病気の予防だけでなく、腰痛や関節痛などの予防のためにも適正体重を心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク