メタボリックシンドローム

 メタボリックシンドローム、最近どこに言っても見聞きする言葉です。
日本語になおすと、内臓脂肪症候群となります。
 内臓脂肪?この言葉を聞いてハッとする人もいるのではないでしょか?
そうです。メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満を大きく関わっているのです。
 メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満が原因で、「高血圧症」「糖尿病」「高脂血症」
などをはじめとする生活習慣病を引き起こすことを言います。
 メタボリックシンドロームと判断する基準としてまず、ウエストが男性で85cm以上、
女性で90cm以上を要注意とします。
 さらにその中で、
①血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
②血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
③高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)
のうち、2つ以上あてはまるとメタボリックシンドロームとされるのです。
後半の3項目についてはきちんとした検査が必要ですので、まずは自分でウエストのサイズを
チェックして要注意なら医療機関を受診しましょう。
 
 生活習慣病はその後、心臓疾患など命に直結するような事態を生み出す危険があります。
その前の前の段階、内臓脂肪型肥満を改善する、もしくは予防することが何より大切だといえます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク