肥満になりやすい時期

 女性が肥満になりやすい時期を考えてみると、「内分泌系」と大きく関わっていることが
伺えます。女性にとって人生における大切な時期と肥満になりやすい時期が重なっているという
ことでもあります。
 まず最初の時期は初潮を迎える思春期あたりです。この時期、身長などからだ全体の成長も著しい
ですが、同時に体重の増加率も大きくなります。このとき体質により、もしくは環境により、
一気に肥満体質になってしまう場合があります。
 次は、妊娠、出産の時期です。胎児に栄養を与えるため自然と食欲がわきます。もちろんこれは
大切なことですが、度を越えると肥満を導き、出産後の減量に失敗すると、その後肥満であり
続ける可能性が高くなります。
 最後は閉経期・更年期です。ホルモンバランスが崩れるこの時期は肥満をはじめ、骨粗しょう症
など、女性の問題をたくさん作りだす時期でもあります。
 女性が肥満になる時期のうち、約半数を思春期、出産期、閉経期の3時期で占めているのです。
女性が女性として生きていくためのからだのつくりではあるものの、あまりバランスをこわし
すぎると、あとで大変なことになります。
 特にこの時期には肥満を含めたからだのバランスに期を配るべきだといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク