肥満の解消で復活する女性機能

 女性が肥満になると、卵巣機能不全や月経異常、不妊症といった女性特有の病気を発症しやすく
なります。しかし、幸いなことにそのほかの合併症などを発症していない単純性肥満であれば、
肥満の解消によってそれらの機能が回復するということです。
 不妊症と診断されても体重の減少後に妊娠に成功した例は数多くあります。
よって肥満のために障害をかかえていても、肥満を解消すれば機能が回復することは充分にありうる
のです。
 これは、肥満であっても卵巣は正常に機能しており、厚い脂肪細胞がホルモンなどの働きを阻害
して外部からみると、一時的に正常に機能していないからだと考えられます。
その脂肪細胞を取り除くことによってふたたび正常な働きに戻るというわけです。
 しかしこういった問題はかなり繊細なものです。将来、妊娠を希望するのであれば早めに医師に
相談し、対策をねっていく必要があるといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク