脂肪細胞は女性には必要なもの

 脂肪細胞が過剰にたまってしまうと、それは肥満のもととなります。
しかしもともとは必要であるから脂肪細胞があるのです。
 脂肪細胞は健康の維持に必要な分子を作り出しています。
また、脂肪細胞で作られるホルモン、レプチンは女性の性周期維持には必要なものであり、
なくてはならないものなのです。
 よってヤセすぎは無月経などを引き起こすのです。特に体脂肪率が17%下回ると起きやすいと
言われています。
 脂肪細胞は特に肥満の人、女性において敵視されがちですが、人間、女性のからだにとって
なくてはならないものなのです。ただし、ほどほどにということです。
 脂肪細胞はありすぎても困りますが、絶対に必要なものでもあります。
バランスを大切にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク