妊娠高血圧症候群 赤ちゃんへの危険

 妊娠高血圧症候群はお母さんを命の危険にさらすことはもちろん、分娩時や赤ちゃんをも危険に
さらすとても恐ろしいものです。
 妊娠高血圧症候群に陥ると、お腹の中の赤ちゃんはうまく育ちません。
よって発育状態が悪かったり、未熟児、低体重で産まれたりします。
ときには仮死状態といった状況で産まれてくる場合もあります。
 妊娠高血圧症候群になった場合、妊娠を終わらせることが妊娠高血圧症候群を早く治すことでも
あります。よって、場合によってはまだ出産時期ではなくても帝王切開で赤ちゃんを産むことが
あります。
 もちろん、赤ちゃんは未熟児となりますが、お母さんの命を救うには仕方のないことです。
現在は医療の発達により未熟児で産まれた赤ちゃんもほとんどが元気育つことができます。
 赤ちゃんの命を守ることは当然ですが、お母さんの命も守らなくてはなりません。
それゆえ、苦渋の決断を迫られることになるのです。
 妊娠高血圧症候群はお母さんの命も赤ちゃんの命も脅かす怖い存在です。
そして妊娠高血圧症候群を導きくのは肥満なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク