糖尿病合併妊娠とは?

 糖尿病の原因として肥満があげられるのは周知のことです。糖尿病を患っている人が妊娠する
ことを糖尿病合併妊娠といいますが、聞くだけでものものしい名前です。
 糖尿病合併妊娠は妊娠高血圧症候群を招きやすくするほか、赤ちゃんには先天性奇形や巨大児、
発育遅延や、低血糖症の危険をもたらし、ときに流産や早産を誘発します。
 また、糖尿病でありながら妊娠したときに肥満であるかどうかによって、その後の1日の摂取
エネルギーにも違いがでてきます。
 肥満のある場合は妊娠全般と通して1日の摂取カロリーの目安は1200kcal程度とされ、
標準体重の妊婦に比べると、かなりカロリーを抑えた食事をしなければなりません。
 このように肥満は糖尿病をもたらし、さらに肥満妊婦の糖尿病は厳しい食事制限や治療の継続が
必要になってくるのです。
 何より、母子ともに命の危険にさらされる可能性が高くなります。
妊娠を望むのであればぜひとも肥満と糖尿病はさけたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク