肥満と妊娠線の関わり

 妊娠すると、妊婦の8~9割に妊娠線ができるといわれています。
これは妊婦のお腹や胸、おしりなどにできる赤い線のことです。
 妊娠してお腹がどんどん大きくなると、皮膚も伸ばされていきます。
しかし皮下組織はその早さに追いつけず中でひび割れてしまうのです。
これを表面からみたのが妊娠線です。
 妊娠線は皮下脂肪の多い部位にできやすいといわれています。よって肥満体質の人は
妊娠線ができやすいのです。
 妊娠線を予防するには適度な運動で皮下脂肪を燃やしたりクリームで皮膚に弾力性を与えること
が大切です。
 皮下脂肪は肥満だけではなく、実はこんなところにも現れているんですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク