コンビニ弁当はほどほどに

 今や全国どこに行っても同じものが食べられるほどになっています。
特にコンビニはいつでもどこでも手軽に利用できて、時間のない人にとっては好都合なものです。
 しかし以前から指摘されてきたように、コンビニの食べ物にはたくさんの添加物が含まれています。
いつでもどこでも同じものが食べられることがそもそも不思議なことですから、そういった手が
加えられているのも仕方のないことかもしれません。
 工場で大量生産されたあと、トラックで輸送そして店頭に並べられるまでにはかなりの時間があり
ます。その間鮮度を保つために色々な薬が使われているわけです。
 しかも脂物など高カロリーなものが多く、食品添加物の恐怖とともに肥満の原因ともなります。
便利ではありますが、コンビニ弁当はほどほどにして、コンビニ弁当を食べるにしても
野菜を多めに取ったりとバランスを考えた食事にするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク