とにかく追い出せ!

ドアを隔てての会話でうっかり信用して玄関にあげてしまったら最後、印鑑をもらう
までは梃子でも動かないセールスマン。ここでは優しく言葉の上で断る方法とは別に、
徹底的に追い出す、いささか危険な方法をお教えしましょう。しかしこの方法は強制
退去の極みですので、よほど悪質なセールスマン相手でなければ行ってはいけません。
アパートやワンルームマンションでは、玄関のとなりが台所になっている場合が多いで
しょう。悪徳セールスマンが延々と話を並べ、印鑑もらうまでは帰らない、というな
らばガス台に水を満たした大鍋を仕掛け、湯を沸かすのです。「帰らなければぶっか
ける!」とのデモンストレーションです。包丁を研ぐのもいいでしょう。「新聞勧誘
員なら、記事になってこそ本物だよ」との言葉があればさらに効果はあがります。
一戸建てで玄関が台所から遠い場合は、玄関のインテリアに奇矯なものを使うのが一
興です。角のついた牛の頭蓋骨などが壁にかけてあれば、セールスマンは軽い不安感
を覚えること請け合い。視覚的な効果だけでは物足りないならば、玄関のインテリア
に武器として使用できるものを使うのがおすすめ。日本刀は銃刀法の観点から購入が
難しく、さらに高価ですのでこの場合は不都合です。そこで、アメリカ映画によく出
てくるような、西洋式の斧がお勧めです。威圧感抜群であるうえに、美的にも優れて
いる。さらに大震災で倒壊しかけた屋内に閉じこめられた際には、脱出用として抜群
の働きをしますので、ぜひ購入されるべきです。ネットでは1万五千円程度で購入で
きます。
「そんな怖いもの置いたら、近所からコソコソ言われる」と心配な方は家の中に隠し
ておき、いざと言う際に持ち出しましょう。あるいは玄関の下駄箱に金槌と釘を入れ
ておき、
「印鑑くれなければ帰らない」
というセールスマンに
「帰りたくないなら、ずっとここにいれば?」と、
脚を床板にクギ付けするまねをして見ましょう。あくまでも「まね」です。
実行したらあなたのほうが犯罪者になってしまいます。
いずれにせよ、これらの方法はよほど悪質なものに対してでなくては行ってはいけま
せん。行った場合はセールスマンの復讐も考えられ、さらに深夜ドロボウなどが侵入
してこれらの武器を手にした場合は、最悪の結果も考えられます。
「侵入」に対するホームセキュリティーは同時に特に厳重にお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク