ストーカー男とストーカー女

男女同権の世の中とは申せ、男女に決定的な違いがありますようにストーカーにも
男女の差が見られます。
一般的にストーカーは、「いかにもネクラそうな、危ない奴」というイメージが先行
していることでしょう。確かに、女ストーカーの場合は「ちょっとこの子は・・・」
というような容姿、服装の人が多い、と申します。
しかし反対に男ストーカーの場合は、美男子であったり、有名大学を出ていて社会的
地位も高い場合が多いのです。「ストーカー規正法」制定のきっかけともなった、平成
11年の埼玉県桶川市の女子大生ストーカー殺人事件。そして同時期に発生した
静岡県沼津市のストーカー殺人事件。これらの犯人は、いずれもかなりの美男子でした。
「ボクはこんなにイケメンで素晴らしい男だ!しかし君はボクを拒絶した!ボクの
プライドを傷つけたな!思い知らせてやる!」
といった感情が、ストーカー行為、ひいては殺害の原動力になってしまったのでしょう。
また、東京の超一流国立大学では、相当以前からストーカー的な気質を持った学生が
存在していたといいます。そもそも彼らが全国一の大学に進学できたのは、生まれつき
遺伝で頭が良かったのも学習の要領が良かったものありますが、決定的な要因はひとつ。
「学問に対してストーカーしていた」からなのです。このストーカー行為は進学就職
、出世に向ければ大いに自身を高められます。
しかし一旦人間に向いたらたまりません。ストーカーに、「国語算数理科社会」と同じに
見られてしまうのはあまりに悲しいではありませんか。
さらに頭がいいということは、彼らは待ち伏せ、尾行、さらにはいざというときの法的
知識にも通じている可能性も大きい。
彼らに対するホームセキュリティーは特に細心の注意が必要といえましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク