ベランダ破りの手口

マンションの部屋へ忍び込む方法には、ふたつあります。ひとつは、玄関ドアを破
って忍び込む方法。もうひとつは、ベランダから忍び込む方法。
ベランダ破りの可能性が一番大きいのは一見一階に見えるでしょう。一階ベランダ
は地面から多少は高いといえ、勢いをつけたり台を使えば、簡単に塀を乗り越えて
侵入できますし、たとえ見つかったとしても安全に飛び降りて逃げられる高さです
。しかし一階の住人はそれに注意して戸締りを厳重にするでしょうし、入り込む際
にはどうしても通行人にいぶかしがられてしまう。
ベランダ破りの危険が高く、かつ犯行に結びつきやすいのは2階以上です。二階以上
の階になれば住人も安心して、窓をあけたままにして寝ることすらある。しかし外壁
の配水管、自転車置き場の屋根など鍛えた侵入者にとって足がかりとなるものはいく
らでもあります。3階、4階と階が上がるにつれて、外からの侵入は危険がともなっ
てきます。しかし最上階は別。無施錠の非常階段から屋上ベランダに上がり、そこか
らロープを垂らしてまんまとベランダに侵入できてしまいます。
また、ベランダの囲いは外から丸見えの鉄柵と、外から見えないコンクリート壁があ
りますが、防犯面を考えれば鉄柵が安全です。他人の目をはばむコンクリート壁はド
ロボウまでも隠し、やすやすと鍵を開けさせてしまいます。
安全な階などありません。たとえ地上20階に住んでいても、ベランダにもホームセ
キュリティーの目を光らせましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク