二級建築士

インテリアコーディネーターを目指す人にとって、二級建築士の資格は大きな強みとなってきます。
この組み合わせは就職にも有利なだけでなく、建築士としての知識を身に付けていくことで、担当の設計士の方との意思疎通がずいぶん楽になってきます。
インテリアコーディネーターはお客さまと設計士の方の間を取り持つこともありますので、建築の知識を持っているということは、お客さまからくる質問に答えられる範囲がぐっと広がるということ。
更なる信頼を得るきっかけにもなりますし、お客さまだけでなく、設計や施工を担当されている方々とのコミュニケーションが容易になることは大変魅力的です。
また、インテリアコーディネーターとしてのお仕事では、たびたび設計そのものに関わってくるものもありますので、プランどおりのコーディネートが実際に再現できるか考えるときにはとても力になってくれます。
インテリアコーディネーターとして働き出してからでも、ぜひ修得していきたい資格のひとつと言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク