「 漢検の勉強法 」に関する記事まとめ

10・9級

10・9級

 まずは漢検10級と9級の出題形式を確認しましょう。  両方とも、読み、筆順、正しい読みがなの選択、書き取り、対義語の漢字一字を答える問題が...

8・7級

8・7級

 漢検8級、7級になると、これまで「なかまの漢字」と表されていたものが、部首となり、 部首名まで問われるようになってきます。  筆順や総画数...

6・5級

6・5級

 漢検6級、5級になってくると、小学校高学年対象ということもあり、問題形式も出題内容も 急にレベルアップしてきます。  部首に関する問題では...

4・3級

4・3級

 漢検4級からは中学生が対象になり、四字熟語なども本格的になってきます。筆順や総画数の 出題はなくなるものの、漢字や熟語の幅広い知識が求めら...

準2・2級

準2・2級

 漢検準2級、2級は高校で習う漢字を対象にしています。同じ高校といっても準2級と2級とでは 格段に違って、実際、2級の合格率は準2級の半分と...

準1級・1級

準1級・1級

 漢検準1級と1級はこれまでとはまるで別世界です。これまでの学習は正直あまり生かされません。 それは漢検2級までが常用漢字といって普段私たち...

漢検の勉強法

漢検の勉強法

 漢検の勉強法は人それぞれですが、やはり問題を解いていかないことにははじまりません。 でも、まったく知識がないのにやみくもに問題を解いても効...

分野別問題集

分野別問題集

 「分野別問題集」はその名の通り分野別に学習する問題集です。漢検は漢字の読み、書き取り、 四字熟語、部首、熟語の構成、対義語、類義語などの各...

スポンサーリンク
1 2